6月, 2018 からの更新 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • kojikota160320 9:02 PM | 2018年6月18日 パーマリンク  

    チャンピオン犬の実態とは 

    野生のイヌは、大勢で生活し、共力して獲物を捕らえ、群内の社会的順位につき従って獲物を振り分けて食べていました。獲物を毎日捉まえられるとは限らないので、いっせいにあまたの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    ワンワンが病気とわっか立ときは、その状態の改善や進行を後らせるためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必要となるでしょう。これは債務ではありませんが、ワンちゃんに長生きして欲しいと考えているなら、特別療法食を与えることが現在の段階では最も正しい選択です。

    具合が悪い理由でも、情況が変わった理由でもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時おりありえます。
    ニャンニャンは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物にありつくとは限らないので、往々にして違う食べ物を要することもあります。にゃんにゃん同士にも相性があります。

    野生のニャンコの場合は縄張りが大きいので、いけ好かない相手がいれば交わりを逃げられますが、限られた空間で遣っている室内飼いニャンニャンの場合は沿うはいきません。
    ヒトと同じで、いぬにも栄養のバランスはとても大事な問題で、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決定する理由ではなく、高いから質が良い、格安だから危ない、という理由ではありません。

    飼い主さんはそのフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを確認しておかなくてはいけません。

    夕暮や真夜中になると部屋中を猛烈なスピードで走り回ったり、家具の上に飛び上がったりするにゃんこはすくなくありません。ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)や運動不足からくる異常なおこないではと憂慮する方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な言動です。
    にゃんこにご飯をあたえても食べずに、砂をかけるような素振りをして散らかす。

    ごはんが好きじゃないの?と悩んでしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この特性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。

    群れで過ごすドッグにとって飼主はリーダーですが、本来単独で活動するネコにはそのような認識はありません。ねこにとって飼い主とは、ひと言でいえば、いろいろなことをしてくれる気楽な同居人という気持ちだと言えますか。

    野生ではげんきがない動物は先立ち敵のえじきとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて治りを待ちます。

    この特殊性はニャンニャンももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのだと言えます。イヌは人につき、ねこは家につくといわれますが、これはねんねこが自分のテリトリーを他の何ものよりも大切にし、環境の変転を気に入らないことを示した言葉です。キャットのこの性合いは、野生時代から鍛え上げられた定め事です。
    ニャンコは幅広い面様や立ち振る舞い、ボディーランゲージを活用して、私達に話し掛けています。キャットとの通信を楽しむために、ニャンコ語をしっかりとよみ取りましょう。犬立ちには家屋を選んだり、食べたいものを選んだり、やりたいことを好きな時間にするなどの自由がまったくありません。

    飼い主に出来ることは、言葉がしゃべれないドッグの身になって人生をやり遂げさせてあげることが大切です。多忙なときに限ってというのはヒト主張で、ニャンコにはそんなつもりはまるっきりありません。
    落ち着かない様子で走りまわる飼主の足に狩猟本能がかき立てられて、つい絡みついたり、食いついたりしてしまっただけの事を言います。
    わんちゃんのおもちゃのほとんどは、飼い主さんがいないときにあげてしまうと危ないです。中でも布で出来ているおもちゃは、手もなく 破けてしまい、わんこだけの環境の中で与えてしまうと、食べる気がなかっ立としても誤飲してしまうことがあります。
    ねこは根本的に自分の気持ちで触られるのをもとめるので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。また、触られるのを好き好むネコでも、執拗にされるとコミュニケイションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをわかっておきましょう。

    フレンチブルドッグ カナガン

     
  • kojikota160320 9:28 PM | 2018年6月5日 パーマリンク  

    猫の性格、行動について 

    ワンコのおもちゃの大概は、飼い主が留守の時に与えてしまうと危険性があります。とり理由布製のおもちゃは、簡単に全壊してしまい、ワンワンだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくてもなんなく飲み込んでしまうことがあります。野生のワンコは、集団で生活し、団結して獲物を捕獲し、一群内の社会的順位に順守して獲物を割り当てて食べていました。
    獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、一編に沢山のご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    ねんねこはイロイロな形相や動き、ボディーランゲージを使って、僕らに話し掛けています。
    ニャンコとの連携を楽しむために、にゃんこ語をきちんとくみ取りましょう。

    わんわんは人につき、ニャンコは住居につくと伝達されていますが、これはニャンコが自分の領分を一番大事にし、環境の変転を好かないことを語った言葉です。

    ネコのこの稟質は、野生時代から養われた規則です。ワンワンが病気と分かった時点で、その症状の改善法や進行を引伸すためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えつづけることが必要となるでしょう。
    これは任ではありませんが、わんちゃんにできるだけ長生きして欲しいと思っているなら、特別療法食を与えることが現在の状況では最も良い選択です。
    わんちゃん立ちには住むところを選んだり、好みの食べものを選んだり、試みたいことを好きな時間を過ごすなどの自由が全然ありません。飼主に出来ることは、言葉が話せないいぬの身になって人生を全うさせてあげることが大事です。
    コンディションが悪い理由でも、外囲が変化した理由でもないのに大好物を前触れもなく食べなくなるケースも時どきあります。

    ネコは食べ物にこだわりが強いでしょうが、自然界ではいつでも同じ獲物に出あうとは限らないので、時おり違う食べ物を要することもあるでしょう。

    日暮れや夜深くなると部屋中を慌ただしいスピードで騒ぎまくったり家具の上に跳び乗ったりするニャンコはすくなくありません。ストレスや運動不足から起きる変な行動ではとハラハラする方もいると思うんですが、これは多くのニャンニャンに見られるごく自然な行為です。忙わしいときに限ってというのはペットオーナー主観で、にゃんにゃんにはそんなつもりは根っからありません。せかせかととびまわる飼い主の足に狩り出す本能がそそられて、ついべたべたしたり、食いついたりしてしまっただけのことです。野生では弱った動物はまず先に敵の標的となるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なところに隠れて快復を待ちます。
    この固有性はねこももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身を覆隠すのでしょう。

    一叢で生活を送るイヌにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で活動するにゃんこには沿ういう認知はありません。
    ニャンコにとって飼主とは、ひと言でいえば、諸々なことをしてくれる気兼ねない同居人という気持ちでしょうか。

    ねんねこ同士にも相性があります。野生のねんねこの場合は縄張りが手広いので、好みじゃない相手がいれば接することをすり抜けられますが、限られた空間で過ごす室内飼いねこの場合は沿うはいきません。

    にゃんこにゴハンをあげても食べずに、砂をかけるような仕種をして引っ散らかします。

    ゴハンが気に食わないの?と悩んでしまいますが、これは猫の本能による行動で、この固有性は排泄物だけでなく、そっくりなニオイに対しても現れるのです。
    にんげんと同じように、ワンワンにも栄養のバランスはほんとに重要なことで、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決定する理由ではなく、高いから品柄が良い、格安だから危ない、という理由ではありません。

    飼主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどの程度入っているかを分かっておかなくてはいけません。

    ねんねこは大体自分の心情で触れられるのを欲するので、何度もなでられるのを嫌がります。

    また、触られるのを欲するねんねこでも、だらだらとされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。

    ロシアンブルー モグニャン

     
  • kojikota160320 9:36 PM | 2018年4月4日 パーマリンク | 返信  

    あの行動はストレスが原因 

    忙わしいときに限ってというのはにんげん主張で、ニャンコにはそんなつもりは全然ありません。忙しく歩きまわる飼い主の足にハンティング本能が揺さぶられて、つい絡みついたり、飛びかかったりしてしまっただけのことです。

    ニンゲンと同じように、わんちゃんにも栄養のバランスは実に深刻なことで、ドッグフードの品質は価格だけで決定する所以ではなく、高いから品柄が良い、安いから怪しい、という所以ではありません。飼い主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどの程度入っているかをおぼえておかなくてはいけません。野生では弱々しい動物はいち早く敵の食い物となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なポイントに隠れて克復を待ちます。この習性はにゃんこももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を覆隠すのでしょう。健康状態が悪い所以でも、状況が変わった所以でもないのに大好物を急に食べなくなるケースも時折起こることもあります。ねんねこは食べ物に拘りが強いものだそうですが、自然界では年がら年中同じ獲物にありつけるとは限らないので、ときどきちがう食べ物を欲することもあります。猫は根本的に自分の感情で触れられるのを願うので、くどくなでられるのを嫌がります。
    また、触れられるのを欲するにゃんこでも、執拗にされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。

    ワンワンのおもちゃの大抵は、飼主がいないときにあげてしまうと危ないものだそうです。

    とり所以布製のおもちゃは、簡単に破壊してしまい、わんちゃんだけの環境の中で与えてしまうと、食べるつもりがなくても気づいたら飲み込んでしまうことがあります。

    簇で暮らすドッグにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を過ごすにゃんこには沿うした認識はありません。

    キャットにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、さまざまなことをしてくれる気軽な?同居人という気分でしょうか。

    わんこが病気と診断されたときは、その状態の改善策や進行ぐあいを遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。これは責任ではありませんが、わんわんに健やかに長生きしてほしいと考えるなら、特別療法食を与えることが差し当たり確実な選択です。

    ニャンコにゴハンをあたえても食べずに、砂をかけるような素ぶりをして引散らかしてしまう。
    ゴハンが気に食わないの?と心配になってしまいますが、これはニャンニャンの本能による行動で、この気質は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのだそうです。

    ネコ同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は領域が広範囲なので、好まない相手がいれば触れあうことを回避出来るでしょうが、限られた空間で生きている室内飼いニャンニャンの場合は沿うもいかないのだそうです。

    チワワ 餌の量

     
  • kojikota160320 2:42 PM | 2018年3月28日 パーマリンク | 返信  

    世界の猫暮らし 

    一叢で暮らすドッグにとって飼い主はリーダですが、本来単独で生活を送るキャットには沿うした認識はありないでしょう。
    ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、多種いろんなことをしてくれる気楽な同居人という感じでしょうか。調子が悪いわけでも、環境が変化したわけでもないのに大好物を前触れなしに食べなくなるケースも間々やってきます。ねんねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に食べれるとは限らないので、間々違う食べ物を欲しがることもあります。

    キャットにゴハンをあたえても食べずに、砂をかけるような仕種をして引っ散らかす。ゴハンが好みじゃないの?と気がかりになってしまいますが、これはねんねこの本能による行動で、この特異性(感じ方や考え方が違うものなので、異なる生き物だと考えた方がいいという説もあります)は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。
    ヒトと同じで、犬にも栄養のバランスは非常に大切で、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決定するわけではなく、高いから品質が良い、安いから怪しい、というわけではありないでしょう。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを確認しておかなくてはいけないでしょう。

    わんちゃんは人につき、ねんねこは家処につくと言い渡されていますが、これはネコが自分の縄張りを一番大切にし、環境の遷移を快く思わないことを表現した言葉です。
    ニャンコのこの天質は、野生時代から鍛え上げられた定め事です。ねこはがんらい自分の都合で触られるのを好き好むので、しつこくなでられるのを嫌がります。また、触られるのが好きなねんねこでも、何度もされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。

    野生では弱々しい動物は先立って敵のターげっと~となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて平癒を待ちます。この習性はニャンニャンももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を隠し立てのでしょう。わんちゃんが病気になってしまったときは、その症状の改善や進行を引き延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必須となります。これはオブリゲーションではありないでしょうが、わんちゃんにより長く生きてほしいと思うなら、特別療法食を与えることが現段階では妥当な選択です。わんわん立ちには住家を選んだり、好きな食べものを選んだり、トライしたいことを好きな時を過ごすなどの自由がぜんぜんありないでしょう。
    飼い主さんに出来ることは、言葉が話せないわんちゃんの身になって一生を全うさせてあげることが大切です。野生のわんちゃんは、一群で生活し、戮力して獲物を捕まえ、大群内の社会的順位に添って獲物を分配して食べていました。

    獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、いっせいにとても多くのご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    マンチカン 餌

     
  • kojikota160320 4:04 PM | 2018年3月1日 パーマリンク | 返信  

    猫と長年付き合うということ 

    固まりで過ごすイヌにとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で活動するネコには沿ういう認知はありません。猫にとってか飼い主とは、ひと言でいえば、豊富なことをしてくれる楽な?同居人という気持でしょうか。

    キャットにゴハンをあたえても食べずに、砂をかけるような挙動をして引っ散らかす。

    ごはんが好きじゃないの?と心掛かりになってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特長は排泄物だけでなく、よく似たニオイに対しても現れるのです。忙しないときに限ってというのはヒト主観で、にゃんにゃんにはそんなつもりは断じてありません。

    落ち着かない様子で動き回る飼い主の足に遊猟本能が掻き乱されて、ついついて回ったり、食いついたりしてしまっただけのことをいいます。

    ニャンコはイロイロな顔つきや身振り、ボディーランゲージを生かして、僕立ちに呼掛けています。

    猫との連繋を楽しむために、猫語をきちんと分かってあげましょう。

    野生では体力がなくなった動物は先立ち敵の食い物となるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なポイントに隠れて快復を待ちます。この特有性はにゃんこももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。

    イヌ立ちには家処を選んだり、食べるものを選んだり、試したいことを好きなときにするなどの自由がぜんぜんありません。飼主に出来ることといえば、言葉を発することが出来ないわんこの身になって一生を全うさせてあげることが大切です。ねんねこは根本的に自分のフィーリングで触られるのを好き好むので、しつこくなでられるのを嫌がります。また、触られるのを好き好むにゃんにゃんでも、ダラダラとされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントを把握しておきましょう。

    日の暮れや深更になると部屋中を凄いスピードで飛びまわったり家具の上に跳び乗ったりするねこはすくなくありません。

    ストレスや運動不足からおこる異常な振る舞いではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのネコに見られるごく自然な身持です。イヌが病気とわっか立ときは、その症状の改善方法や進行を遅らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必要となります。これは任ではないのですが、いぬに健やかに長生きして欲しいと思っているなら、特別療法食を与える事が現在の状況ではミスなく正しい選択です。

    キャット同士にも相性があります。野生のにゃんこの場合は縄張りがおっきいので、気に食わん相手がいれば交わることを回避できますが、限られた空間で生きている室内飼いネコの場合は沿うもいきません。

    ひとと同じで、わんわんにも栄養のバランスは大変大切で、ドッグフードのクオリティーは値段だけで決まる理由ではなく、高いからクォリティーが良い、格安だから悪い、という理由ではないのです。

    飼い主さんはそのフードのなかに、どんなものがどのぐらい入っているかを認知しておかなくてはいけません。わんわんのお持ちゃの大抵は、飼主がいないときに与えてしまうと非常に危ないです。

    とり理由布製のお持ちゃは、すんなり壊れてしまい、わんちゃんだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても間違って飲み込んでしまうことがあります。

    野生のわんこは、固りで生活し、戮力して獲物を捕獲し、一叢内の社会的順位に服して獲物を取り分けて食べていました。獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、一度に多量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    わんちゃんは人につき、ニャンニャンは住家につくと言われているのですが、これはキャットが自分の版図を一番大切にし、環境の変移を好かないことを言表わした言葉です。猫のこの稟質は、野生時代から育まれた規則です。具合が悪い理由でも、環境に変化があった理由でもないのに大好物を前触れもなく食べなくなるケース持ときどき到来することがあります。

    猫は食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に食べれるとは限らないので、時折違う食べ物をねがうこともあります。

    ロシアンブルー 餌の量

     
  • kojikota160320 9:20 PM | 2018年2月16日 パーマリンク | 返信  

    犬のしつけについて 

    夕暮や深更になってしまったら部屋中を慌ただしいスピード(沖縄県出身の女性4人組グループでしたが、人気の絶頂期に解散しました。最近また、再結成しましたね)で騒ぎまくったり家具の上に飛び上がったりするねんねこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおきる怪奇な行動ではと憂慮する方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な態度です。

    ニャンコにゴハンをあげても食べずに、砂をかけるような動作をして散らかしてしまう。

    ごはんが好きじゃないの?と気になってしまいますが、これはキャットの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。
    ワンちゃんのおもちゃのほとんどは、飼主さんがいないときに与えてしまうと危険をともないます。とりワケ布製のおもちゃは、すんなり張りさけてしまい、ワンワンだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくても気づいたら飲み込んでしまうことがあります。

    野生では体力がなくなった動物はまず先に敵のターゲットとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて治癒を待ちます。この特色はニャンコももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。野生のイヌは、群れで生活し、協同で獲物を捉まえ、群内の社会的順位にそって獲物を取り分けて食べていました。
    獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、一度に多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    ニャンニャンは種々の形相や動き、ボディーランゲージを以て、私たちに話し掛けています。猫とのコミュニケーションを楽しむために、にゃんこ語をきちんと汲みとりましょう。わんわんたちには家屋を選んだり、好んで食べるものを選んだり、試したいことを好きな時にするなどの自由がまったくありません。
    飼主にできることといえば、言葉の話せないわんこの身になって人生を果た指せてあげることが大事です。にゃんこ同士にも相性があります。

    野生のニャンニャンの場合は勢力圏が広範囲なので、好まない相手がいれば触れ合うことを逃れられますが、限られた空間で生きる室内飼いニャンニャンの場合はそう上手にいきません。
    調子が悪いワケでも、外囲が変化したワケでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時としてやってきます。
    猫は食べ物に拘りが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に出っくわすとは限らないので、時おりちがう食べ物を求めることもあります。ヒトと同じで、いぬにも栄養のバランスはきわめて深刻なことで、ドッグフードの品柄は価格だけで決定するワケではなく、高いから質が良い、低価格だから危ない、というワケではないでしょう。
    飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを確認しておかなくてはいけません。

    ゴールデンレトリバー カナガン

     
  • kojikota160320 1:54 PM | 2018年1月26日 パーマリンク | 返信  

    おあずけは昔の番犬のしつけ? 

    集団で生活するワンワンにとって飼主はリーダですが、本来単独で暮らすニャンニャンにはそのような認識はありません。

    にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、いろいろなことをしてくれる気軽な?同居人という心情でしょうか。

    状態が悪いわけでも、状況が変わったわけでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも往々にしてありえます。

    にゃんこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物にありつけるとは限らないので、往々にして違う食べ物を必要とすることもあります。

    ニャンニャンは基本的に自分の心情で触れられるのを欲するので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むにゃんにゃんでも、だらだらとされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。わんわんのおもちゃの大半は、飼い主が一緒でない時に与えてしまうと危ないものです。特に布製のおもちゃは、あっさり破れてしまい、いぬだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。ねんねこ同士にも相性があります。
    野生のにゃんにゃんの場合は島が大きいので、気に入らない相手がいれば交わりを掻い潜れられますが、限られた空間でやっている室内飼いニャンニャンの場合はそうはいかないのです。

    にんげんと同じで、わんこにも栄養のバランスは本当に大切なことで、ドッグフードの品柄は値段だけで選ばれるわけではなく、高いから品柄が良い、安いから危ない、というわけではありません。

    飼主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれほど入っているかを覚えておかなくてはいけません。野生では元気がない動物はまず先に敵の食い物となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて治るのを待ちます。この特殊性はニャンコももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を暗ますのでしょう。にゃんこにキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕草をしてばらまきます。

    ごはんが気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。イヌは人につき、にゃんこはおうちにつくと言い渡されていますが、これはキャットが自分の領分を一番大切にし、環境の変易を気に喰わないことを語った言葉です。ねんねこのこの性状は、野生時代から磨かれた決りです。わんわんが病気になってしまったときは、その状態の改善や進行を遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。

    これは任ではありませんが、わんちゃんにできるだけ長く生きてほしいと思うならば、特別療法食を与えることが現在のところ疑いようのない選択です。せわしいときに限ってというのはニンゲン主観で、にゃんにゃんにはそんなつもりはまるでありません。せこせこと走りまわる飼い主の足に狩り出す本能が刺激されて、つい付きまとったり、釣られたりしてしまっただけのことです。ねこは幅広い表情や素振り、ボディーランゲージを活かして、僕たちに呼掛けています。ニャンコとの連携を楽しむために、にゃん語をきちんと汲みとりましょう。

    ドッグたちには住むところを選んだり、好みの食べ物を選んだり、したいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が全くありません。

    飼い主に出来ることといえば、言葉が話せないわんわんの身になって一生を為し遂げさせてあげることが大切です。野生のわんこは、固りで生活し、協調して獲物を掴まえ、一叢内の社会的順位に添って獲物を分けて食べていました。獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、いっきにたくさんの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

    日没や夜遅くなると部屋中を猛スピードで飛びまわったり家具の上に騒ぎ乗ったりするネコはすくなくありません。ストレスや運動不足から起こる異常行動ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な素行です。

    ミニチュアダックスフント 餌

     
  • kojikota160320 3:14 PM | 2017年12月31日 パーマリンク | 返信  

    ペットに寄り添って考えてみた 

    猫は由来自分の心持ちで触られるのを願うので、くどくなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するニャンニャンでも、だらだらとされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。猫は盛りだくさんの顔の表情や動き、ボディーランゲージを以って、わたしたちに呼び掛けています。キャットとのコミュニケイションを楽しむために、キャット語きちんとよみ取りましょう。匆匆たるときに限ってというのは飼い主主張で、ニャンコにはそんなつもりはまるっきりありません。忙しそうにとびまわる飼い主の足に遊猟本能が興奮して、ついついて回ったり、食いついたりしてしまっただけのことです。野生では萎れた動物は先に敵の標的となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて快復を待ちます。この特異性は猫ももっており、様体が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。いぬたちには家処を選んだり、好んで食べるものを選んだり、やってみたいことを好きな時間を過ごすなどの自由が全くありません。飼主に出来ることといえば、言葉がしゃべれないワンコの身になって人生をやり遂げさせてあげることが大切です。イヌは人につき、にゃんこはおうちにつくと言われますが、これはキャットが自分の縄張りを何より大切にし、環境の変易を気に喰わないことを語った言葉です。ニャンコのこの気質は、野生時代から磨かれた定めです。ワンコのおもちゃのほとんどは、飼主がいないときにあげてしまうと非常に危険です。中でも布製のおもちゃは、軽軽破壊してしまい、わんわんだけの環境の中で与えてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。猫同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は版図が広範囲なので、好かない相手がいれば交わりを掻いくぐれられますが、限られた空間で生きている室内飼いキャットの場合はそうもいきません。夕刻や夜夜中になると部屋中を強烈なスピードで跳ね回ったり家具の上に飛跳ねたりするにゃんこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおこる異常な行為ではと懸念する方もいると思いますが、これは多くの猫に見られるごく自然な行動パターンです。様体が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物を前触れなしに食べなくなるケースも往々やってきます。キャットは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出合うとは限らないので、時どき違う食べ物を欲しがることもあります。ヒトと同じで、ワンワンにも栄養のバランスはとても大事なことで、ドッグフードのクオリティーは値段だけで選ばれるわけではなく、高いから質が良い、安いから悪い、というわけではありません。飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどのぐらい入っているかを分かっておかなくてはいけません。愛犬が病気と分かった時点で、その状態の改善策や進行ぐあいを後らせるためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必須となります。これは責ではありませんが、イヌにより長く生きてほしいと思えば、特別療法食を与えることが現在の段階では間違いなく正しい選択です。にゃんにゃんにフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕草をして散らかす。ご飯が気に食わないの?と悩んでしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この気質は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。野生のワンコは、一叢で生活し、協調して獲物を捉まえ、一群内の社会的順位につき従って獲物を分け合って食べていました。獲物を毎日生け捕れるとは限らないので、一編に沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。一叢で暮らすわんこにとって飼主はリーダーですが、本来単独で生活するキャットにはそうした認知はありません。ネコにとって飼い主とは、ひと言でいえば、いろんなことをしてくれる気安い同居人という気持ちでしょうか。

    トイプードルの餌難民から抜け出しませんか?

     
  • kojikota160320 5:09 PM | 2017年12月28日 パーマリンク | 返信  

    あなたのペットは大丈夫? 

    ワンコは人につき、ニャンニャンは家につくと言われていますが、これはネコが自分の縄張りを何をさておいても大事にし、環境の変易を気に入らないことを記した言葉です。
    ニャンニャンのこの性合は、野生時代から伸びた定めです。
    犬が病気とわっかたときは、その状況の改善や進行を引き延ばしていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。
    これは任ではないですよねが、わんわんに健やかに長生きしてほしいと思っているなら、特別療法食を与えることが現状では妥当な選択です。
    固りで暮らすわんわんにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を送る猫にはそんな認知はないですよね。
    ねこにとって飼い主とは、ひと言でいえば、諸々なことをしてくれる心安い同居人という気持でしょうか。
    キャットにご飯をあげても食べずに、砂をかけるような素振りをして引っ散らかす。
    ごはんが好きじゃないの?と不安になってしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この特色は排泄物だけでなく、類似したニオイに対しても現れるのです。
    夕刻や夜深くなると部屋中を猛烈なスピードで騒ぎまくったり家具の上に騒ぎ乗ったりするにゃんにゃんはすくなくありません。
    緊迫状態や運動不足が原因の突飛な行動ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な動きです。
    野生のワンコは、一叢で生活し、戮力して獲物を捕らえ、一群内の社会的順位に順守して獲物を振り分けて食べていました。
    獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、いっぺんにとても多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。
    にんげんと同じように、わんわんにも栄養のバランスは実に重要なことで、ドッグフードのクォリティーは値段だけで選ばれる所以ではなく、高いからクオリティが良い、安価だから危ない、という所以ではないですよね。
    飼主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどんだけ入っているかを認知しておかなくてはいけないでしょう。
    せわしいときに限ってというのはひと考えで、ニャンコにはそんなつもりはまるでありません。
    沿わ沿わと歩きまわる飼い主の足に猟する本能が興奮して、ついまとわりついたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。
    ネコは大体自分の感じで触られるのを好き好むので、何度もなでられるのを嫌がります。
    また、触れられるのを欲するにゃんにゃんでも、しつこくされるとコミュニケイションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。
    ドッグ立ちには住居を選んだり、好きな食べものを選んだり、やりたいことをあいている時間にするなどの自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)が何もありません。
    飼い主に出来ることは、言葉に出せないイヌの身になって一生を成しとげ指せてあげることが大事です。
    ニャンコは盛りだくさんの顔つきやしぐさ、ボディーランゲージをいかして、僕らに呼びかけています。
    ねことのコミュニケーションを楽しむために、ねこ語をきちんと分かってあげましょう。
    野生ではゲンキがない動物は真っ先に敵のいいカモとなるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なポイントに隠れて克復を待ちます。
    この気質はニャンニャンももっており、具合いが悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。
    様態が悪い所以でも、情況が変わった所以でもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも往々にして起こることもあります。
    ネコは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では決まって同じ獲物にありつけるとは限らないので、時おりちがう食べ物をねがうこともあります。
    ネコ同士にも相性があります。
    野生の猫の場合は島が弘大なので、気に入らない相手がいれば接することをかい潜れられますが、限られた空間で生きる室内飼いにゃんこの場合はそうもいきません。
    ワンワンのお持ちゃの大半は、飼主がいないときにあげてしまうと非常に危険です。
    とくに布製のお持ちゃは、苦も無く破れてしまい、イヌだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても誤って飲み込んでしまうことがあります。

    アメリカンショートヘアに安全な餌をお探しの方はこちら

     
  • kojikota160320 4:37 PM | 2017年11月20日 パーマリンク | 返信  

    ペットの飼育方法について 

    わんわんは人につき、ねんねこはお家につくと言い渡されていますが、これはにゃんこが自分の領分を何ものよりも大切にし、環境の変移を嫌なことを記した言葉です。ニャンコのこの性合は、野生時代から磨かれた規則です。イヌのお持ちゃの多くは、飼い主がいないときに与えてしまうと危険なものです。中でも布で出来ているお持ちゃは、楽楽?破けてしまい、いぬだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。忙しないときに限ってというのはペットオーナー主張で、ニャンニャンにはそんなつもりは毛頭ありません。せわしく動きまわる飼い主の足に狩り立てる本能が興奮して、つい引っ付きまわったり、飛びかかったりしてしまっただけのことです。わんこたちには家を選んだり、食べたいものを選んだり、したいことを好きな時にするなどの自由がぜんぜんありません。飼い主にできることは、言葉を発することが出来ないわんちゃんの身になって人生を為し遂げ指せてあげることが大切です。ねんねこにごはんをあたえても食べずに、砂をかけるような挙動をして散らかしてしまう。ゴハンが気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。ニャンニャン同士にも相性があります。野生の猫の場合は領域が広いので、好まない相手がいれば振り合うことを回避出来る為すが、限られた空間で暮らしている室内飼い猫の場合はそうそううまい具合にはいきません。野生では萎れた動物はまっ先に敵のターげっと~となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な所に隠れて克復を待ちます。この特殊性はキャットももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。野生のドッグは、群で生活し、協調して獲物を取っ捕まえ、大群内の社会的順位につき従って獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、共に多量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。様体が悪いりゆうでも、外囲が変化したりゆうでもないのに大好物を突然食べなくなるケースも往々やってきます。ねんねこは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に出あうとは限らないので、時々ちがう食べ物を要することもあります。夕暮れや深更になると部屋中を猛烈なスピードで駆けずり回ったり家具の上に駆け乗ったりするにゃんこはすくなくありません。緊迫状態や運動不足が原因の突飛な行動ではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な行動です。

    メインクーン 餌 キャットフード

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
過去の投稿 / コメント
r
返信
e
編集
o
コメント表示 / 非表示
t
トップへ移動
l
ログインへ
h
ヘルプを表示 / 非表示
Shift + ESC
取り消し