世界の猫暮らし

一叢で暮らすドッグにとって飼い主はリーダですが、本来単独で生活を送るキャットには沿うした認識はありないでしょう。
ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、多種いろんなことをしてくれる気楽な同居人という感じでしょうか。調子が悪いわけでも、環境が変化したわけでもないのに大好物を前触れなしに食べなくなるケースも間々やってきます。ねんねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に食べれるとは限らないので、間々違う食べ物を欲しがることもあります。

キャットにゴハンをあたえても食べずに、砂をかけるような仕種をして引っ散らかす。ゴハンが好みじゃないの?と気がかりになってしまいますが、これはねんねこの本能による行動で、この特異性(感じ方や考え方が違うものなので、異なる生き物だと考えた方がいいという説もあります)は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。
ヒトと同じで、犬にも栄養のバランスは非常に大切で、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決定するわけではなく、高いから品質が良い、安いから怪しい、というわけではありないでしょう。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを確認しておかなくてはいけないでしょう。

わんちゃんは人につき、ねんねこは家処につくと言い渡されていますが、これはネコが自分の縄張りを一番大切にし、環境の遷移を快く思わないことを表現した言葉です。
ニャンコのこの天質は、野生時代から鍛え上げられた定め事です。ねこはがんらい自分の都合で触られるのを好き好むので、しつこくなでられるのを嫌がります。また、触られるのが好きなねんねこでも、何度もされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。

野生では弱々しい動物は先立って敵のターげっと~となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて平癒を待ちます。この習性はニャンニャンももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を隠し立てのでしょう。わんちゃんが病気になってしまったときは、その症状の改善や進行を引き延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必須となります。これはオブリゲーションではありないでしょうが、わんちゃんにより長く生きてほしいと思うなら、特別療法食を与えることが現段階では妥当な選択です。わんわん立ちには住家を選んだり、好きな食べものを選んだり、トライしたいことを好きな時を過ごすなどの自由がぜんぜんありないでしょう。
飼い主さんに出来ることは、言葉が話せないわんちゃんの身になって一生を全うさせてあげることが大切です。野生のわんちゃんは、一群で生活し、戮力して獲物を捕まえ、大群内の社会的順位に添って獲物を分配して食べていました。

獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、いっせいにとても多くのご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

マンチカン 餌