犬のしつけについて

夕暮や深更になってしまったら部屋中を慌ただしいスピード(沖縄県出身の女性4人組グループでしたが、人気の絶頂期に解散しました。最近また、再結成しましたね)で騒ぎまくったり家具の上に飛び上がったりするねんねこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおきる怪奇な行動ではと憂慮する方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な態度です。

ニャンコにゴハンをあげても食べずに、砂をかけるような動作をして散らかしてしまう。

ごはんが好きじゃないの?と気になってしまいますが、これはキャットの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。
ワンちゃんのおもちゃのほとんどは、飼主さんがいないときに与えてしまうと危険をともないます。とりワケ布製のおもちゃは、すんなり張りさけてしまい、ワンワンだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくても気づいたら飲み込んでしまうことがあります。

野生では体力がなくなった動物はまず先に敵のターゲットとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて治癒を待ちます。この特色はニャンコももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。野生のイヌは、群れで生活し、協同で獲物を捉まえ、群内の社会的順位にそって獲物を取り分けて食べていました。
獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、一度に多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ニャンニャンは種々の形相や動き、ボディーランゲージを以て、私たちに話し掛けています。猫とのコミュニケーションを楽しむために、にゃんこ語をきちんと汲みとりましょう。わんわんたちには家屋を選んだり、好んで食べるものを選んだり、試したいことを好きな時にするなどの自由がまったくありません。
飼主にできることといえば、言葉の話せないわんこの身になって人生を果た指せてあげることが大事です。にゃんこ同士にも相性があります。

野生のニャンニャンの場合は勢力圏が広範囲なので、好まない相手がいれば触れ合うことを逃れられますが、限られた空間で生きる室内飼いニャンニャンの場合はそう上手にいきません。
調子が悪いワケでも、外囲が変化したワケでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時としてやってきます。
猫は食べ物に拘りが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に出っくわすとは限らないので、時おりちがう食べ物を求めることもあります。ヒトと同じで、いぬにも栄養のバランスはきわめて深刻なことで、ドッグフードの品柄は価格だけで決定するワケではなく、高いから質が良い、低価格だから危ない、というワケではないでしょう。
飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを確認しておかなくてはいけません。

ゴールデンレトリバー カナガン