おあずけは昔の番犬のしつけ?

集団で生活するワンワンにとって飼主はリーダですが、本来単独で暮らすニャンニャンにはそのような認識はありません。

にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、いろいろなことをしてくれる気軽な?同居人という心情でしょうか。

状態が悪いわけでも、状況が変わったわけでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも往々にしてありえます。

にゃんこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物にありつけるとは限らないので、往々にして違う食べ物を必要とすることもあります。

ニャンニャンは基本的に自分の心情で触れられるのを欲するので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むにゃんにゃんでも、だらだらとされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。わんわんのおもちゃの大半は、飼い主が一緒でない時に与えてしまうと危ないものです。特に布製のおもちゃは、あっさり破れてしまい、いぬだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。ねんねこ同士にも相性があります。
野生のにゃんにゃんの場合は島が大きいので、気に入らない相手がいれば交わりを掻い潜れられますが、限られた空間でやっている室内飼いニャンニャンの場合はそうはいかないのです。

にんげんと同じで、わんこにも栄養のバランスは本当に大切なことで、ドッグフードの品柄は値段だけで選ばれるわけではなく、高いから品柄が良い、安いから危ない、というわけではありません。

飼主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれほど入っているかを覚えておかなくてはいけません。野生では元気がない動物はまず先に敵の食い物となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて治るのを待ちます。この特殊性はニャンコももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を暗ますのでしょう。にゃんこにキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕草をしてばらまきます。

ごはんが気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。イヌは人につき、にゃんこはおうちにつくと言い渡されていますが、これはキャットが自分の領分を一番大切にし、環境の変易を気に喰わないことを語った言葉です。ねんねこのこの性状は、野生時代から磨かれた決りです。わんわんが病気になってしまったときは、その状態の改善や進行を遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。

これは任ではありませんが、わんちゃんにできるだけ長く生きてほしいと思うならば、特別療法食を与えることが現在のところ疑いようのない選択です。せわしいときに限ってというのはニンゲン主観で、にゃんにゃんにはそんなつもりはまるでありません。せこせこと走りまわる飼い主の足に狩り出す本能が刺激されて、つい付きまとったり、釣られたりしてしまっただけのことです。ねこは幅広い表情や素振り、ボディーランゲージを活かして、僕たちに呼掛けています。ニャンコとの連携を楽しむために、にゃん語をきちんと汲みとりましょう。

ドッグたちには住むところを選んだり、好みの食べ物を選んだり、したいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が全くありません。

飼い主に出来ることといえば、言葉が話せないわんわんの身になって一生を為し遂げさせてあげることが大切です。野生のわんこは、固りで生活し、協調して獲物を掴まえ、一叢内の社会的順位に添って獲物を分けて食べていました。獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、いっきにたくさんの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

日没や夜遅くなると部屋中を猛スピードで飛びまわったり家具の上に騒ぎ乗ったりするネコはすくなくありません。ストレスや運動不足から起こる異常行動ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な素行です。

ミニチュアダックスフント 餌