ペットに寄り添って考えてみた

猫は由来自分の心持ちで触られるのを願うので、くどくなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するニャンニャンでも、だらだらとされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。猫は盛りだくさんの顔の表情や動き、ボディーランゲージを以って、わたしたちに呼び掛けています。キャットとのコミュニケイションを楽しむために、キャット語きちんとよみ取りましょう。匆匆たるときに限ってというのは飼い主主張で、ニャンコにはそんなつもりはまるっきりありません。忙しそうにとびまわる飼い主の足に遊猟本能が興奮して、ついついて回ったり、食いついたりしてしまっただけのことです。野生では萎れた動物は先に敵の標的となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて快復を待ちます。この特異性は猫ももっており、様体が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。いぬたちには家処を選んだり、好んで食べるものを選んだり、やってみたいことを好きな時間を過ごすなどの自由が全くありません。飼主に出来ることといえば、言葉がしゃべれないワンコの身になって人生をやり遂げさせてあげることが大切です。イヌは人につき、にゃんこはおうちにつくと言われますが、これはキャットが自分の縄張りを何より大切にし、環境の変易を気に喰わないことを語った言葉です。ニャンコのこの気質は、野生時代から磨かれた定めです。ワンコのおもちゃのほとんどは、飼主がいないときにあげてしまうと非常に危険です。中でも布製のおもちゃは、軽軽破壊してしまい、わんわんだけの環境の中で与えてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。猫同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は版図が広範囲なので、好かない相手がいれば交わりを掻いくぐれられますが、限られた空間で生きている室内飼いキャットの場合はそうもいきません。夕刻や夜夜中になると部屋中を強烈なスピードで跳ね回ったり家具の上に飛跳ねたりするにゃんこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおこる異常な行為ではと懸念する方もいると思いますが、これは多くの猫に見られるごく自然な行動パターンです。様体が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物を前触れなしに食べなくなるケースも往々やってきます。キャットは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出合うとは限らないので、時どき違う食べ物を欲しがることもあります。ヒトと同じで、ワンワンにも栄養のバランスはとても大事なことで、ドッグフードのクオリティーは値段だけで選ばれるわけではなく、高いから質が良い、安いから悪い、というわけではありません。飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどのぐらい入っているかを分かっておかなくてはいけません。愛犬が病気と分かった時点で、その状態の改善策や進行ぐあいを後らせるためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必須となります。これは責ではありませんが、イヌにより長く生きてほしいと思えば、特別療法食を与えることが現在の段階では間違いなく正しい選択です。にゃんにゃんにフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕草をして散らかす。ご飯が気に食わないの?と悩んでしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この気質は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。野生のワンコは、一叢で生活し、協調して獲物を捉まえ、一群内の社会的順位につき従って獲物を分け合って食べていました。獲物を毎日生け捕れるとは限らないので、一編に沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。一叢で暮らすわんこにとって飼主はリーダーですが、本来単独で生活するキャットにはそうした認知はありません。ネコにとって飼い主とは、ひと言でいえば、いろんなことをしてくれる気安い同居人という気持ちでしょうか。

トイプードルの餌難民から抜け出しませんか?