ペットの飼育方法について

わんわんは人につき、ねんねこはお家につくと言い渡されていますが、これはにゃんこが自分の領分を何ものよりも大切にし、環境の変移を嫌なことを記した言葉です。ニャンコのこの性合は、野生時代から磨かれた規則です。イヌのお持ちゃの多くは、飼い主がいないときに与えてしまうと危険なものです。中でも布で出来ているお持ちゃは、楽楽?破けてしまい、いぬだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。忙しないときに限ってというのはペットオーナー主張で、ニャンニャンにはそんなつもりは毛頭ありません。せわしく動きまわる飼い主の足に狩り立てる本能が興奮して、つい引っ付きまわったり、飛びかかったりしてしまっただけのことです。わんこたちには家を選んだり、食べたいものを選んだり、したいことを好きな時にするなどの自由がぜんぜんありません。飼い主にできることは、言葉を発することが出来ないわんちゃんの身になって人生を為し遂げ指せてあげることが大切です。ねんねこにごはんをあたえても食べずに、砂をかけるような挙動をして散らかしてしまう。ゴハンが気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。ニャンニャン同士にも相性があります。野生の猫の場合は領域が広いので、好まない相手がいれば振り合うことを回避出来る為すが、限られた空間で暮らしている室内飼い猫の場合はそうそううまい具合にはいきません。野生では萎れた動物はまっ先に敵のターげっと~となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な所に隠れて克復を待ちます。この特殊性はキャットももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。野生のドッグは、群で生活し、協調して獲物を取っ捕まえ、大群内の社会的順位につき従って獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、共に多量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。様体が悪いりゆうでも、外囲が変化したりゆうでもないのに大好物を突然食べなくなるケースも往々やってきます。ねんねこは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に出あうとは限らないので、時々ちがう食べ物を要することもあります。夕暮れや深更になると部屋中を猛烈なスピードで駆けずり回ったり家具の上に駆け乗ったりするにゃんこはすくなくありません。緊迫状態や運動不足が原因の突飛な行動ではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な行動です。

メインクーン 餌 キャットフード