ペットの健康管理について

いぬ立ちには住まいを選んだり、食べるものを選んだり、やってみたいことをあいている時間にするなどの自由が全くありません。飼主さんに出来ることは、ことばの話せないワンコの身になって人生を為し遂げさせてあげることが大事です。固まりで活動するイヌにとって飼主はリーダですが、本来単独で生活を送るキャットにはそのような認知はありません。キャットにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、豊富なことをしてくれる心安い同居人という印象でしょうか。日の暮れや夜中になると部屋中を凄いスピードで跳ねまわったり家具の上に跳びあがったりするネコはすくなくありません。ストレスや運動不足から起きる狂逸な行動ではと不安に思う方もいると思いますよねが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な行為です。ねんねこ同士にも相性があります。野生のニャンコの場合はテリトリーが幅広いので、気に入らない相手がいれば交わることを回避できますが、限られた空間で生活する室内飼いねんねこの場合はそうもいきません。猫はイロイロな表情や態度、ボディーランゲージを使って、私立ちに話し掛けていますよね。キャットとのコミュニケーションを楽しむために、にゃん語をきちんと理解しましょう。体調が悪い所以でも、情況が変わった所以でもないのに大好物を急に食べなくなるケースも時どき来ます。にゃんこは食べ物に拘りが強いものですが、自然界ではいつも同じ獲物にありつくとは限らないので、時折ちがう食べ物をもとめることもあります。ワンワンは人につき、ニャンニャンはおうちにつくと言われますが、これはにゃんこが自分の縄張りを他の何ものよりも大事にし、環境の変化を好まないことを示した言葉です。ねんねこのこの性質は、野生時代からやしなわれた定め事です。野生では萎れた動物は真っ先に敵の獲物となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なポイントに隠れて癒えるのを待ちます。この習性はねんねこももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。人間と同じで、犬にも栄養のバランスは実に深刻なことで、ドッグフードの品質においては価格だけで判断できる所以では無くて、高いから品質が良い、格安だから悪い、という所以ではないんです。飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを認知しておかなくてはいけません。慌だしいときに限ってというのは飼い主主張で、ネコにはそんなつもりは根っからありません。落ち着かない様子で動きまわる飼い主の足に狩り本能が震撼させて、ついまつわりついたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

ブリティッシュショートヘアの健康と食いつきを考えた餌はこちら